過去記事の注釈と訂正 – ドニー・イェン

先月、谷垣健治さんとランチをする機会に恵まれました。ありがとう谷垣さん。最近のお仕事のこととか、香港中国合作に関する新たな情報とか、様々なお話をうかがいました。

そのなかで、以前書いた『トリプルX:再起動』での中国大陸でのドニーさんの役名の話になりました。実は谷垣さんが担当した『モンスターハント2』の日本語通訳さんもそのスラングについてご存知なかった。

そこで、ご親切にも谷垣さんは通訳さんに調べていただいたそうです。が、誰も聞いたことがないということで、ひょっとしたら南京の一部であるかも、というご返事だったとか。ただ、北京五輪で棄権し、その後ものすごいバッシングを受けたハードルの劉翔選手の名が同じ翔という字なので、それでバカにする傾向があるにはある、という話でした。

記事の中で私はざっくりスラングと書いてしまいましたが、ひょっとするとごくごく一部のネットスラングだったのかもしれません。私がそれを知ったのもネットでしたし。そこで過去記事をネットスラングと訂正しておきました。

「でも大陸ではシレっと役名変更しましたよねぇ」と谷垣さんに申し上げたら「そうなんだよねぇ」と。

↓変更の証
极限特工:终极回归xXx: The Return of Xander Cage(2017) – Mtime时光网
极限特工:终极回归 / 百度百科
极限特工:终极回归演员表
极限特工:终极回归 甄子丹“甄功夫”幕后特辑

うーん、ひょっとしたら翔というスラング、日本で例えれば2ちゃんねる用語とか、そんな感じだったのかもしれません。

役名は公開直前に急遽変更されたので、それ以前の大陸記事では翔となっていますし、香港台湾では関係ないので、当然「翔」のままです。思えば、ホーク(Hawk)→鷹 タロン(Talon)→猛禽類の爪 ときてジャン(Xiang)→翔だったんですから、本来は美しくまとまったはずなのに、わざわざ同じ音の項に変更したんですから、何らかの理由はあったのではと推測します。

そしてもうひとつ、谷垣さんからご指摘いただいたものがありました(汗)。
ローグ・ワン スター・ウォ―ズ ストーリー(小ネタ) – ドニー・イェン甄子丹の最後の文章。

“『xXxトリプルX:再起動』の香港プロモ会見したドニーさん、次の外伝『ハン・ソロ』に出演するのでは?という噂を否定しました。しかしこれによるとどうやら(ディズニーと)契約は交わしたようで別の企画だと言います。”

と書いたのですが、実は私、文中の「才」の字をちゃんと訳しておりませんでした(涙)。

正確には、契約を交わした、のではなく、「それは事実ではない、契約を交わして初めて事実になるんだよ」という訳になります。と、なると何らかのオファーっぽいことはあったのか?うはー、すみません、すみません!!これも書き直しておきます。

谷垣さん、こんな辺境のブログのチェックまでしていただき本当に助かります、重ね重ね感謝申し上げます。

カテゴリー: film, 甄子丹 タグ: , , , , パーマリンク

過去記事の注釈と訂正 – ドニー・イェン への2件のフィードバック

  1. メイ のコメント:

    久し振りにやっと ママさんのブログ拝見することができました
    内容濃いなぁ~~ と嬉しくなっちゃう
    谷垣さんも本当に細かい事までキチンとチェック&情報提供して
    くださるの有難いですね

    だいぶ読めなかった記事が溜まっているのでチビチビと楽しませて
    頂きます
    観るのどうしようかなと考慮中のグレートウォールのチャン・ハンユーネタ
    同じく「そんなネタどこで仕入れてくるの?」   うふっ です
    イップ・マン継承も公開近づいてきて楽しみですね。ドニーさんの劇場マナー
    CM流れたらいいなぁ~

  2. ドニ のコメント:

    いいぼしさん、全くカンフーに興味がなかったのですが
    ここ2ヶ月で素晴らしいイップマンの映画にのめりこんでしまい、
    とにかく関係記事情報を探し、詠春拳の映像を見、ドニーさんの映画を見まくり、
    カンフーについて調べまくっている女子(中年)です。

    なかなか情報が集められないところ、いいぼしさんのブログを発見しました。
    なんとも素晴らしい記事満載ですね。

    詠春拳好きすぎて 本格的な道場に入りましたw
    達人目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>