ジェット・リーとジャック・マー製作、謎の映画『功守道』その続報

前回の記事の続きです。今日、アリババのショッピングサイト「天猫」の11月11日独身の日プロモーション発表会が行われ、そこにシークレットゲストととしてりんちぇが登場。謎の映画『功守道』について語りました。そこで新たにわかったことを。

実はこれ、さっき以前の記事に追記したんですが(未だにブログのやり方がよくわかってない)、ひょっとしたら単独でアップした方がいいのかなと思い、新たに投稿しました。すでに前回の追記を読まれていたら内容はほぼ同じです。何年たっても不慣れな事であいすみません。

さて、その記者発表でわかったことですが

・11月10日の独身の日前夜祭パーティ(注:おそらく生中継されるし毎年高視聴率)でおよそ7分(8分とした報道もあった)のダイジェスト版を放送。翌日11月11日に20分ほどのフルバージョンを公開。前にオフィシャルサイトでYOUKU(优酷)で、とあったので多分そこでになるのでしょう。
追記:後のインフォメーションによると、11月12日の午前0時。YOUKUにて。

・功守道とは、太極を基にしたジャック・マーとりんちぇが推進している彼らの創作競技種目で、映画の内容もこの功守道について。

・映画を製作したのは多くの人に太極文化を知ってもらう最良の手段だと考えたため。その完成発表の場に前夜祭を選んだのは「私が実演と講演をしてもせいぜい数万人だけど、映画なら数億人が観てくれるから」

・作中りんちぇは、高僧の役。この映画を自身の師父である呉彬師と全ての先人に捧げると話しています。ほかの俳優の役どころについては明かされませんでした。

・11月15日にこの「功守道」競技を世界に向けお披露目する。そしてりんちぇはその創始者となります。

・りんちぇは、この功守道を専門リーグに発展させ、大衆スポーツとして普及させたいと考えていて、最終的には五輪競技の正式種目にしたいと望んでいるようです。

最後にりんちぇが微博に記したコメントをば。

“推出功守道,就是向中国武术人致敬,向我的老师吴彬致敬,实现中国武术进入奥运一直是我的梦想,我会一直为此而努力。”

武術の五輪競技正式種目は、中国大陸の武術界にとっては悲願なんですなぁ。

参考記事
马云主演《功守道》再曝光:双11晚会将播放精华版
《功守道》首发亮相双11猫晚:李连杰向马云争取了三年
Jet Li Officially Introduced as the Founder of Gong Shou Dao (GSD)
↑ここでいう10年かかったっていうのは、映画ではなく「功守道」のことですね。

カテゴリー: film, アクション映画, 功夫映画, 甄子丹 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

ジェット・リーとジャック・マー製作、謎の映画『功守道』その続報 への1件のフィードバック

  1. june のコメント:

    りんちぇ 闘病しつつ静かにボランティア活動等に励むのかと思っていたら
    思いもよらぬ壮大な展開になっているのですね
    ブルースリーのジークンドーみたいなイメージ? 驚きです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です